現代で流行している住み方にシェアというものがあります。知らない人同士が集まっている集合住宅のような感覚のシェアハウスや知り合い同士が一緒に暮らすために部屋を借りて過ごすのがルームシェアになります。これらにはたくさんのメリットがあるので、若者に大人気となっているのです。ルームシェアは知らない人ではないので、個々の部屋のセキュリティをしっかりというわけではなく、個人の部屋とリビングがあれば十分になります。



そのため、少し広くても、一人暮らし用物件に比べれば一人分の家賃はお得になるのです。また、家電なども二つそろえる必要がないので、一人当たりの負担が減ります。
しかし、そのためルームシェアではシェア解消という場面が出てくるので注意が必要です。結婚したり転勤になったりなど事情によりルームシェア解消となったときにもめないよう、あらかじめ二人の中でルームシェアルールを決めておくといいでしょう。お金のこと、生活のことをルール化しておけば、二人の仲もより深まるはずです。ルームシェアを存分に楽しむためにルームシェアとは、一つの住居を他人同士が共同で借りたりして居住することで、都市部を中心にルームシェア人口が増えています。
ルームシェアでは、同居人のことをルームメイトと呼ばれますが、他人同士が一つの住居で暮らすため、常識・良識のある人、清潔に保ち誰とでも上手く関係を築ける人が向いています。共同生活を行うため、ルームメイト同士互いにマナーやプライバシーを守ることが何より大事になってきます。
ルームシェアでのトラブルで最も多いのは、お金に関することであり、


ルームメイトの一人が家賃を滞納してしまうと周囲に迷惑をかけてしまうことになるため、家賃の滞納は絶対しないことです。
トラブルを避けるためにも、ルームメイトの中に金銭面で問題のある人がいた場合はシェアを避けたり、文章できちんと残しておきます。ルームシェアにおいて、ルームメイト同士が他人であるため、時として問題が起こることもあります。問題が発生した際はすぐに話し合いを行い、解決を図っていきます。
一緒に暮らす上では、他人に依存したりせず、相手の価値観を否定しないことが上手く生活する秘訣といえます。